足が悪くてもできる仕事探しにおすすめ!派遣ランキング

足が悪く、なかなかお仕事が見つからない方の中には、障がい等級の認定はされておらず、必要なサポートが受けられずに困っている方が多いと思います。

筆者もそんな一人で(足というより腰痛でしたが)、なかなかお仕事が見つからなかったのですが、自分一人で就活するのを止めて、「座り仕事」の求人が掲載されている人材派遣会社を利用するようになってから、ようやく働き始めることができました。

本サイトでは、筆者の経験も交えて、足が悪くてもできる仕事が見つかる大手優良派遣会社をご紹介します。

※サイト内ランキング情報へ移動します ↓

ランキングをチェック!

工場の座り仕事とは?

工場系の求人と言うと、ベルトコンベアー式で流れてくる製品をそれぞれの工程に合わせた作業をしていく、そんなイメージですよね。

筆者も昔、そんな工場勤務の経験もしているんですが、だだっ広い工場内で、ヒィヒィしながら重いアルミ製品の運搬をしている傍で、電動ドライバーやら色んな工具を使って作業している工員を見かけました。

「俺みたいに、重たいモノ持って移動したり、上げ下げして足の筋肉使わないんだなぁ。イイな…」

そんな風に思いました。

工場勤務と言っても、近年では技術がどんどん発達してますから、製品を縮小化していく流れがありますよね。身近で分かりやすいのが、あんなに重かった携帯電話(平野ノラがネタで使ってるようなヤツ)が、今では平べったいスマホが主流になったことです。

ですから、腕力や体力に自信のない女性でも、最近では工場勤務している方が多いですし、足が悪くハンデを抱えていてもちゃんと勤務している方も大勢いるのです。

工場勤務で、座り仕事ができる可能性がある職種は、主に以下が挙げられます。

組立/加工/検査/梱包
※サイト内ランキング情報へ移動します ↓

ランキングをチェック!

工場の座り仕事のメリットとは

体力や筋力がなくても続けられる

座り仕事であれば、身体的な負担は少ないメリットがあります。

筆者も40代に入ってデスクワークになりましたが、肩こりや腰痛の問題はあるものの、体力や筋力勝負の時代と比べれば、格段に健康状態は良くなりました。

筆者のように、年齢を重ねて体力的に自信のない方も、座り仕事はおすすめですよ。

自分のペースで一人で仕事ができる

工場勤務を希望する方の多くは、団体で連携して働く職場が苦手です。

座り仕事は、工場内で製品を「組立・加工・検査」といった業務を一人で完結するので、モクモク地道な作業を続けられる人材が活躍できます。

足の負担が少なく疲れない

座り仕事ですから、歩いたり走る場面がなく、足の負担は少ないです。

ただ、実際に求人サイトで業務内容の詳細を調べてみると、「7割座り作業」などのケースもみられるので、求人応募の際には、職場の内情に詳しい派遣会社の担当へ一度相談してからにしてください。

※サイト内ランキング情報へ移動します ↓

ランキングをチェック!

工場の座り仕事のデメリットは

集中力のない方には不向き

組立や検査業務などに座り仕事が多い理由として、製品にほこりがついたり、不良品が出たりなどをなるべく防ぐことを目的に、集中できる環境にするためです。

顕微鏡やマイクロスコープなどで目視が必要な細かい製品の場合、立ち作業していたらむしろ叱られてしまうでしょう。

筆者は座り仕事ではなかったんですが、工場の単純作業とは言え、疲れてきたり、汗をかいて頭がボーっとしてくると、普段やらないような凡ミスをするものなんですよね。

座り仕事は、身体的疲労が少ない代わりに、ミスの許されない緻密で完成度の高い作業が求められます。

腰痛や肩こりが悪化しやすい

筆者は、今はデスクワークなのですが、腰痛や肩こりの負担は本当にヒドイものです。

冬はひざ掛けや肩冷え・足冷え防止グッズを使いますし、竹のイボ付き足踏みグッズも使っています。
定期的な体操・ストレッチも取り入れていますが、それでも40を超えてくると身体がどんどんきつくなってきます。

工場の座り仕事となれば、集中力を使う分、ますます疲労度はアップするでしょう。

※サイト内ランキング情報へ移動します ↓

ランキングをチェック!

工場の座り仕事を検索する方法

工場の座り仕事を検索するには、文中でも触れた「組立/加工/検査/梱包」などの条件設定をしてみたり、「座り仕事」の条件で見てみると良いでしょう。

もっとも「座り仕事」求人数が多いテクノサービスの場合、下図のように「座り仕事」にチェックを入れて検索をすれば、調べられます。

テクノサービス

※サイト内ランキング情報へ移動します ↓

ランキングをチェック!

派遣会社に登録して座り仕事を紹介してもらう

筆者もこのパターンだったのですが、派遣会社に登録して、自分の希望(足が悪いので座り仕事がしたい等)を伝えると、条件にあう求人が出たときに優先的に紹介してもらえるので、おすすめですよ。

ただ、派遣会社はウワサによるとコンビニの数より多く、自分で探すとなると相当な労力と手間がかかります。

そこで、筆者はまず全国に拠点を持つ大手の優良派遣会社をピックアップして、「座り仕事」の求人条件検索ができるところをピックアップしました。

その結果、大手のテクノサービスというところは、「座り仕事」で検索するとトータルで1,878件もの案件があることがわかりました。

拠点もほぼ全国展開しているので、まずはテクノサービスから登録して、相談してみることをおすすめします。

※サイト内ランキング情報へ移動します ↓

ランキングをチェック!

座り仕事に強いおすすめ派遣ランキング

テクノサービス
テクノサービス

テクノサービスは、大手スタッフサービスグループの子会社です。
工場内で働ける軽作業や組立・検査といった、足が悪くても働けるお仕事を断トツで多く扱っています。

座り仕事で検索すると、1878件掲載されています。
足が悪く、職場を探している方は、まず登録しておいた方が良いでしょう。

テンプスタッフ

国内でトップクラスの求人数を保有するテンプスタッフは、業績ランキング7年連続で1位を獲得した実績があります。
車いすの就業可能な案件が49件掲載されているため、足が悪い方に登録をおすすめします。

日研トータルソーシング
日研トータルソーシング

日研トータルソーシングは、工場内で働く製造業や軽作業を始め、期間工のお仕事を中心に取り扱う人材派遣会社です。
「座り仕事」で検索すると、38件の掲載がありました。

日本テイケム
日本テイケム

日本テイケムは、2020年に創業50周年を迎える、実力のある派遣会社です。
全国の工場系求人を取り扱っており、「座り仕事」で検索すると、33件掲載されています。

しごとアルテ
しごとアルテ

求人サイト「しごとアルテ」を運営するフジアルテは、工場系の求人に特化した人材派遣会社です。
「座り仕事」で検索すると、30件の掲載があります。

タイトルとURLをコピーしました